のれんの伝統と歴史

暖簾(のれん)という言葉を耳にしたとき、「古臭い」と感じた人はその認識を改める大チャンスです。

たしかに、暖簾は日本に古来から伝わるもので、平安時代に描かれた
「信貴山縁起絵巻」という絵巻物の中でもすでにその存在が確認できます。

また、現在の日本でこれらを掲げているのは、老舗の和菓子屋や旅館といった
伝統的な建物だけという誤った認識があるのも事実です。

しかしながら、それだけで「古臭い」と形容するのはいかがなものでしょうか。

時代の移り変わりとともに暖簾も驚くべき進化を遂げています。
さらに、単に店舗の出入口に掲げるという使い方だけにはとどまりません。

活用の幅

試しに「おしゃれ」「モダン」などのワードとともに画像検索をしてみてください。
きっと意外な検索結果にびっくりするはずです。

加えて、その使われ方も一般家庭のインテリアとして重宝されるようになるなど、
もはや昔ながらのイメージは当てはまりません。

「のれん」はけっして古「臭い」ものではなく、古くて「新しい」ものなのです。
そして、これからも「のれん」は進化しつづけることでしょう。

京都のれんでのれんをオーダーすべき理由

自店舗で使うにせよ贈り物として使うにせよ、満足できる暖簾の製作を依頼するなら
「京都のれん」がいちばんです。

まず、この会社には信頼するに足る確かな技術があります。ひとくちに「のれん」といっても
その大きさやデザイン、印刷技法はさまざまです。

その点、「京都のれん」なら定番サイズのものはいうまでもなく、1cm単位でオーダーに応えてくれます。

希望に沿う

デザインも関西風に関東風、日よけタイプのものなど豊富に取り揃えてあるのが特徴です。
中には「簡易のれん」と呼ばれる、安価で気軽に注文できるものもあります。

印刷技法の面でも無地のものから染め抜き、職人の手による手描きのものまで
きっと依頼する人の要求を満足させてくれるはずです。

素材においても、定番と呼ばれる日本の伝統的な素材から化学繊維のものまで
ニーズに合わせて選ぶことができます。

もし、オーダーしたい暖簾が特殊なものであっても心配は無用です。
そのような場合にこそ、遠慮なくスタッフに相談を持ちかけてみてください。

きっと、実績豊富なスタッフがあなたのリクエストに応えてくれるはずです。

 

ホーム 名入れ  配色 隙間風 日光 専門業者
 サービス デザイン オリジナル おしゃれ sitemap