いろいろな方法で印刷ができるのれん

のれんはさまざまな方法でプリントすることができます。
どのような方法でプリントするかによって、完成するのれんの雰囲気は
大きく変わるので、作りたいものに合った印刷方法を選ぶことが重要です。

DTFプリントという方法でも印刷をすることができ、この方法で作ったものは
DTFプリントのれんと呼ばれています。

シルクスクリーンという方法でものれんを印刷することができ、
DTFプリントのれんとは異なる特徴と違いがあります。

スクリーンという素材を使用して印刷をすることも、DTFプリントのれんとの違いです。
スクリーンとはメッシュの状態の生地のことで、昔は主に絹が使われていました。

絹のことを外国語でシルクと言うことが、この方法の名前の由来です。
ですが最近ではシルク以外の素材も多く使用されています。

シルクスクリーンプリントの技法

シルクがあまり使われなくなったのは、シルクは耐久性の点で問題があったからです。
多く印刷しているとシルクの状態が変化して正しく印刷できないことがあったので、
耐久力がより優れている他の素材が多く使われるようになりました。

最近では化学繊維が多く使用されていて、シルクの代わりに
ナイロンが使われることもあります。ポリエステルもスクリーンとして使用できる素材です。

フルカラーで印刷ができるDTFプリント

DTFプリントはシルクスクリーンよりも多くの色を使用して印刷をすることもできます。
後者の印刷方法は一つの色を使用した印刷や、何色かの少ない色を使用した印刷によく利用されています。

その一方でDTFプリントはフルカラー印刷が可能なので、色を多く使用した
さまざまなデザインをプリントすることができます。

他の印刷方法では印刷することができない複雑なデザインもDTFプリントならば
作れる場合が多いので、さまざまなタイプののれんを作る時にDTFプリントは利用されています。

DTFプリントのれんならば、それぞれのお店の個性に合わせたのれんを作りやすいので、
のれんを販売している多くの店舗で人気があります。

のれんの印刷で人気

それに対してシルクスクリーンは、孔版印刷の一種であることが大きな特徴です。
孔版印刷とは、穴を開けて印刷をする方法のことです。

使用するスクリーンの一部に穴を開けて、そこからインクを入れることによって
印刷することができます。フルカラー印刷が可能ではありませんが、
フルカラー印刷が可能であるDTFプリントのれんでは作れないタイプのものも作れます。

布以外の素材に印刷をすることもできるので、雰囲気の違うのれんが作れます。

ホーム 名入れ  配色 隙間風 日光 専門業者
 サービス デザイン オリジナル おしゃれ 藍色 女の子向け 生成り生地 本仕立て
楽屋のれんのプレゼント 失敗しないデザイン 失敗しないデザイン 暖簾の重要な役割 雰囲気づくりに効果的 インテリアにも人気 天然麻のれんの風合い 屋号やロゴを入れる DTFプリントのれんの製作 sitemap