楽屋のれんをあげよう

 素敵だと思っている役者さんに何か気持ちを表せるものを渡したいと思うこともあるでしょう。
その際、他のファンと一緒になるのではないくオリジナルなものを渡したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

インパクトを持たせつつ世界に一つだけのオリジナルなものをあげたいと考えている方は、
是非自分でデザインから考えられる楽屋のれんをあげましょう。
デザインや入れたい言葉なども自分自身で考えて注文でき、
既製品として販売している楽屋のれんとは違うものと差をつけられます。

役者さんも自分を思ってこんなに素敵なものをくれたんだと、心が嬉しくなるでしょう。
公演を行えばどこかしらでもらえるものでもあるため、プレゼントされるのはステータスでもあります。

世界に一つだけのオリジナルを送りたいという場合、まずはどんなデザインにしたいのか、
何を一番に優先して作りたいのかを考えましょう。役者さんの雰囲気や今回の公演の内容など
様々踏まえて考えていくと、他にはない商品が出来上がります。

のれんオーダーの段取り

初めて作る場合は分からない点も出てきますが、業者に相談をすれば
理想を聞きながらデザインを調整してくれます。遠慮せずに、些細なこともでも問題ないので
相談をして理想に近づけていきましょう。

 

楽屋のれんをプレゼントする上で考えておきたいこと

生地にも様々な種類があるため、どれを選ぶかを考える必要があります。
選ぶ生地によっては、一流の役者さんと認めている気持ちが伝わるためこだわってもいいでしょう。

どの生地でなければいけないという決まりはないですし、最近では何の生地であっても
失礼になることはありません。しかし昔のしきたりを意識する場合、正絹ちりめんを使い
楽屋のれんを作ると、一流の役者さん向けの商品なため喜ばれるでしょう。

役者さんへのプレゼント

イメージしているデザインによっては、生地との相性が悪い場合も考えられます。
ある程度どのような雰囲気にしたいと決まってきたら使えるものかどうかを見ておくと安心です。

素人ではよく分からない部分でもありますので、業者へお願いする時に
デザインや生地を伝え製作できそうかどうか確認するといいでしょう。

楽屋で問題なくのれんを使ってもらうためには、サイズも合わせなければいけません。
役者さんの舞台公演が決まっている場合会場名も一緒に記載がある場合が多いので、
どこかを確認し自分で電話をして会場や関係者にサイズを聞いておきましょう。

全ての会場で同じようなサイズとは限らず、一般的なものよりも小さいものでないと使用できない場合などもあります。

 

LAST UPDATE 2022/04/22 comment

Copyrightc 本物ののれん通販を愛する方へユアセレクト

ホーム 名入れ  自分に合う配色ののれん 隙間風 日光 専門業者
 サービス 暖簾のデザイン オリジナル暖簾 おしゃれ 藍色のれん 女の子向け 生成り生地ののれん 本仕立て
楽屋のれんのプレゼント 失敗しないデザイン 暖簾の重要な役割 雰囲気づくりに効果的 sitemap