制作前にしておくべきポイント

 楽屋のれんを用意するときに、オリジナル制作を選ぶケースは非常に多いです。
舞台などで活躍する役者さんへ応援している気持ちを伝えたい場合にも、このタイプがピッタリだと言えます。

ですが、オリジナルでつくる場合には知っておくべきことがあるので要注意です。
一般的には右上に役者名や芸能人名を入れ、左下には送る人の名前を入れます。
そして、真ん中には相手をイメージした紋やイラスト、ロゴなどを入れることが基本です。

品質の高さを重視したい場合は染めを選ぶことになり、色の濃淡や
細かなイラストを再現したい場合にはフルカラーを選ぶことになります。

楽屋のれんの染め方

生地は本格的な雰囲気や肌触りを大切にしたい場合は綿、
色鮮やかな楽屋のれんにしたいのであればポリエステルが最適です。

また、楽屋とサイズが合っているかどうかも大切なので、発注する前には
楽屋で寸法を測っておく必要があります。

せっかくオリジナルでつくったとしても、基本的なポイントを知らなければ
完成した内容がイマイチであったり、喜んでもらえなかったりする可能性が高いです。

こうした基本的な内容を理解しておき、素敵な楽屋のれんをつくれるようにしておくと良いでしょう。

 

デザインは慎重に決めよう

オリジナルで楽屋のれんをつくるときに最も重要なものは、デザインの決め方です。
選び方を間違えてしまうと相手から失礼だと思われてしまう可能性もあります。

近頃は豊富なデザインを実現することができるようになっていますが、
大御所相手にカジュアルすぎる内容を選ぶべきではありません。

のれんデザインの考え方

同時に何人かの楽屋に用意するのであれば、ベテランと若手が
同じレベルの内容にならないように気をつけておくことも大切です。

特に芸歴が長い人などには紋入りの上質なものを選ぶことがおすすめですが、
このときに紋の選び方も間違わないようにしておく必要があります。

紋にはそれぞれ違った意味が込められているので、そのときに合った内容でなければ意味がありません。

不適切な意味が込められた紋を選ぶと逆効果になるので、
事前に内容をきちんと調べておくことが重要です。

デザインの決め方は慎重になるべきところなので、1人だけではなく
スタッフが協力して決めることをおすすめします。複数人で内容をチェックし、
相手に合った楽屋のれんになっているかどうか確かめておくと失敗しづらいです。

依頼するサービスで相談できることも多いので、贈る相手や利用シーンを伝えて相談してみることも検討してみましょう。

 

LAST UPDATE 2022/04/22 comment

Copyrightc 本物ののれん通販を愛する方へユアセレクト

ホーム 名入れ  自分に合う配色ののれん 隙間風 日光 専門業者
 サービス 暖簾のデザイン オリジナル暖簾 おしゃれ 藍色のれん 女の子向け 生成り生地ののれん 本仕立て
楽屋のれんのプレゼント 失敗しないデザイン 暖簾の重要な役割 雰囲気づくりに効果的 sitemap