入店の決め手となるオーダー店舗暖簾を作るコツ

暖簾はお店のイメージを道行く人々に、効果的に伝えられるマーケティングツールです。
いわゆる既製品の暖簾にも一定のPR効果は期待出来ますが、数多くのお店が立ち並ぶ一角では
より個性的な外観を演出した方が不特定多数の人々に注目してもらえます。

オーダーメイドの暖簾であれば独自のオリジナルデザインが可能です。
既製品とはひと味違った本格的な素材の物が依頼出来ます。

例えば麻の素材を利用した物は本格的なイメージを演出しやすく、
小粋でオシャレな雰囲気を醸し出しながらも伝統と格式がある店舗というムードを同時に与えられるのです。

麻素材は和食料理店やオリエンタルなムードを大事にした居酒屋やバー、
そして和菓子店や和風スイーツの移動販売カーなどにオススメです。

ポリエステル繊維の暖簾もまた多くのお店で採用されています。
フルカラーでのプリントアウトに適した素材です。

フルカラーでのプリントアウト

両面に色彩豊かなデザインを印刷する事が出来るので、個性的なキャラクターや
インパクトが強いキャッチコピーやビッグサイズのロゴなどを大胆に世間の人々に伝えられます。

これからビジネスを開業する若手経営者の方々、都会のグルメ街で営む
焼き肉店やリーズナブルな寿司店や創作料理のお店などにベストです。

鮮やかな仕上がりになるのがポリエステル製のオーダー暖簾の利点であり、
インパクトが光るデザインにすることで観光客の方々が自然と入りたい気持ちになります。

SNS映えする今風の派手で奇抜な絵柄にすることで、若い女性の入店の決め手になる事、うけあいです。

ポリエステル素材と聞くと、一般的なイメージとしてはのぼり旗に使われる薄めの生地で
暖簾にすると安っぽく見えるのではと懸念される方もいるかもしれません。

暖簾用のポリエステル素材

しかしひと口にポリエステルと言ってもその種類は多様化しており、
ひと目見ただけでは綿素材かわからないくらいの生地も多数あるため
実際に暖簾として採用されている例は既にたくさんあります。

どのくらいの高品質な生地があるのかを確認したいと思ったら、メーカーに問い合わせて
生地見本を送ってもらうと良いでしょう。

かなり本格的に天然素材にこだわりがある訳ではないのであれば
充分に満足できる質感を実感できるはずです。

 

ホーム 名入れ  自分に合う配色ののれん 隙間風 日光 専門業者
 サービス 暖簾のデザイン オリジナル暖簾 おしゃれ 藍色のれん 女の子向け 生成り生地ののれん 本仕立て
楽屋のれんのプレゼント 失敗しないデザイン 暖簾の重要な役割 雰囲気づくりに効果的 sitemap



Copyrightc 本物ののれん通販を愛する方へユアセレクト